画期的な英会話

生徒と先生

日本人が英会話を苦手としていることは、多くの人が知る通りです。例えば、道で外国人に英語で駅まで行く道のりを聞かれた場合でも、「アイムソーリー」といって思わず逃げてしまう人が多いのも事実になります。これは、中学校から高校で学ぶ英語のほとんどが、英会話ではなく文法を学んでいることが理由です。もっと言えば、読み書きをするための英語学んでいるだけで、会話をする技術がどれだけ必死に勉強してもほとんど身に付かないことが分かっています。そこで、プロジェクト2020の開発者は少しでも英会話をできるようにしてもらおうとスピークアウトと呼ばれるものをプロジェクト2020の動画の中で説明しています。スピークアウトは、費用がかかりますが、プロジェクト2020自体は費用がかからないためその動画だけを見ておいてもよいかもしれません。もしこれが、英会話をするきっかけになり、将来的に視野が広がるとすればこれ以上素晴らしいものはないでしょう。プロジェクト2020で紹介している英会話が画期的な理由の一つは、間違えてもよいということを大前提にしていることや、中学校3年間で習ったフレーズだけでも実は十分に英会話が通じてしまうことです。この事実を知らない日本人はほとんどで、確かに中学校3年間の60フレーズ程度を身につければ、たいていの場合対応できてしまうものです。そのようなことが英語圏で生まれた開発者は明言しています。

利用する目的を人によってさまざま

黒板に書く女性

プロジェクト2020を費用をかけずに見て、その後有料のスピークアウトを実際に体験して見るのも良いかもしれません。これを利用する目的を人によって異なりますが、おおむねプロジェクト2020の説明によれば、スピークアウト自体英会話初心者をターゲットにしていることがわかります。英会話初心者ですので、今まで英会話を苦手にして生きている人や、ほとんど英会話をしたことがない人向けの教材になります。逆に言えば、すでに英会話をある程度話すことができ、今まで以上に上達をしたいという向上心を持っている人には向いていません。

留学するレベルまで到達する

授業

日本にいながら、留学をして英会話ができるレベルまで到達するためには、費用がかからないプロジェクト2020の動画を見て実際にスピークアウトを受講してみることが必要になるかもしれません。これを受講することにより、まず海外旅行に行き現地で必要な会話ができるレベルまで到達することが可能になります。それに加えて、留学をしても日常会話ができるレベルまで到達するコースも用意されています。それぞれ、費用も異なりますので詳しくは動画を見てみると良いです。